【ポケモンGO】メタモンの詳細情報

最終更新日: 2016/11/28 18:32

  1. ポケモンGO攻略
  2. メタモンの詳細情報
11/23のアップデート後、ポケモンGOで遂にメタモンが出現するようになりました。このページではその謎多きメタモンについて解説をしていきます。

メタモン図鑑

メタモンの捕まえ方

陸生のポケソースに湧く

メタモンは他のポケモンに変身した状態でフィールドに現れる。内部ではデータが確定しており、捕獲した時に初めてメタモンが変身していたものか、本物だったのか判明するというメタモンの性質にぴったりな演出である。変身しているのは以下の4種類のポケモンのみに設定されている。


ポッポ
ポッポ
コラッタ
コラッタ
ズバット
ズバット
コイキング
コイキング


現時点では捕獲前の明確な判別方法は一つ。全員のポケモンGOで同じ場所に同じポケモンが湧くように、メタモンもみんな同じポケソースから出現するので、周囲の人がメタモンを捕まえたのと同じポケソースに湧いているポケモンを捕まえればメタモンがゲットできる。
これに対して一部では、メタモンが化けているポケモンはボールを投げた後すぐにボールから出てしまい捕まえにくいという噂も出ている。これはメタモンだけに当てはまる条件ではないため、何度もズリの実や良いボールを無駄にしたという声も多く挙がっている。ただし、メタモン目的で捕まえたポッポなどのアメは進化マラソンで経験値を稼ぐのに使えるため、副産物だと思って割り切ってしまうのが吉。

ポケモンGOプラスでも捕獲可

ポケモンGOプラスでの捕獲ももちろん可能である。こちらは他のポケモンと同様にボタンを押して捕獲した後確認するとメタモンがボックスに入っており、ぼうけんノートにも「メタモンを捕まえた!」「メタモンに逃げられた!」と記録される。

タマゴからの入手は不可

上記のように捕獲時に特別な演出が設けられていることからも推測できるが、タマゴから生まれることはないようだ。

メタモンのステータス

メタモン自身はCP、攻撃力、耐久力などステータスが全体的に低く、雑魚ポケモンに次ぐ弱さとなっている。しかし、戦闘時必ず相手のポケモンに変身するため、そのポケモンのステータスに影響されてステータスが変わる。
同じCPになるわけではなく、その個体同士のデータを基になんらかの計算式で算出されると思われる。CPが高いメタモンや、「ポケモンを調べる」機能で評価が高いメタモンを使えば相手のポケモンのCPを上回ることもできる。メタモンはわざが1パターンしかないので、他のポケモンに比べてより厳選が強さに影響するだろう。

メタモンのわざ

本編の作品で全てのわざを覚えることができるのが特徴のミュウを除けば、全世代通してメタモンのみが使うことができるわざである「へんしん」を通常攻撃としている。

へんしん

1回目の攻撃で必ず「へんしん」を繰り出し、相手のポケモンに変身することとなる。2回目の攻撃以降は相手の通常攻撃わざ・ゲージ攻撃わざを使うことができ、タイプも同じになる。相手のポケモンを倒したり入れ替えでポケモンが変わっても最初に変身したポケモンのまま戦闘が続く。

わるあがき

もう一つのわざ「わるあがき」は、お互いがメタモンの戦闘の時にのみ使えるわざである。メタモン同士の戦闘は「へんしん」を使うことができず「わるあがき」だけでHPを削っていく。こればかりはゲージをためずに通常攻撃わざとして繰り出すことができる。

ジム戦での使い方

攻撃戦

敵チームのジムを攻める時にメタモンを使う場合、最初のポケモンと同じタイプ・わざになるので、あらかじめジムに並んでいるポケモンの情報を把握して行こう。ジムの1体目のポケモンに変身した結果、2体目のポケモンとタイプ相性が悪くならないか、よく考えて手持ちの順番を決めよう。
ドラゴンタイプが弱点であるカイリューなどドラゴンタイプのポケモンに対しては、メタモン自体が大いに活躍する。それ以外の場合は、後の戦闘でタイプ相性が良くなるように変身し、他のポケモンに入れ替えてHPを温存しておく戦法を取るとよいだろう。

防衛戦

ジムにメタモンを配置する場合、相手はこちらがメタモンとわかって戦略を練ってくるので大変不利となる。弱いポケモンを最初にこちらのメタモンに見せて、弱体化させてから強いポケモンに入れ替える戦法で倒されることが目に見えているため、防衛戦では残念ながら使えない。
逆に、メタモンの配置されているジムに挑む場合はこの戦法を使ってメタモンを片付けることができる。


メタモンの図鑑wikiはこちら

ポケモンGO メタモンの詳細情報みんなの投稿 (ポケゴー ,ポケgo,ぽけごー)